top of page

筋トレを行う時間帯別のメリット・デメリット

こんにちは!

リベンジジム人形町店 斉藤です!


リベンジジムの「読むダイエット」では

科学的根拠に基づいたトレーニング方法やダイエット方法など為になる情報を発信していきます。









筋トレを習慣にしたいと考えてはいるものの、いつ行うべきか、また学校や仕事で筋トレを

行える時間が限られ、朝や夜にしか時間が取れないといったケースも多いのではないでしょうか。ここでは、筋トレに適した時間帯や時間帯別のメリット・デメリットを紹介させていただきます。




筋トレに適した時間帯とは?


結論、筋トレに適した時間帯はありません。朝晩の筋トレ効果比較した研究論文も

ございますが、結果として筋力アップ、筋肥大の結果に違いがありませんでした。

ただし、時間帯によって筋肉の動きやすさや体温には違いがあります。

夕方は朝に比べ体温が高く筋肉が動きやすい状態なのは事実です。

筋トレの効果に大きな差が出るわけではないので時間帯にはこだわらず、

ご自身の生活にあった時間に筋トレを行うのがいいでしょう。

時間帯別にメリット・デメリットは存在するので紹介していきます。




朝に筋トレを行うメリット・デメリット



朝や昼に筋トレを行うメリットは、メンタル面に大きなメリットがあります。

身体を動かすとポジティブな気分になり、筋トレを行なった達成感で1日の満足感が

上がりやすいです。自律神経も整い血行が促進されるため、その結果昼間の集中力アップ

も狙えるでしょう。

また、朝に行うデメリットに限っては、ほかの時間帯に比べ怪我のリスクが高い点です。起きたばかりだと

体温が低く頭がぼんやりしており、身体が動きにくい状態であるため各関節へのダメージが

大きいです。その際はストレッチやウォーミングアップを入念に行う必要があります。




夜に筋トレを行うメリット・デメリット


夜に筋トレを行うメリットは、仕事終わりが多く、筋トレ後にやるべき事がないため筋トレに集中できる点です。昼や夕方に比べて筋トレを確保しやすく、朝が苦手な方も習慣化しやすいでしょう。筋トレによる疲労を、睡眠によってすぐに回復できるのもポイントです。

また、睡眠中に分泌される成長ホルモンの増加が見込めるため、筋肉に回復や筋肥大が行われやすくなるでしょう。

デメリットとしては、仕事や学業で疲れている状態から筋トレを行わざるを得ない点と

スケジュールの管理が難しい点です。疲れているからといって筋トレをサボるのも良くありませんが、無理も禁物です。その日の体調や帰ってきた時間に合わせて、筋トレの内容を調整する必要があるでしょう。また夜の筋トレのタイミングとしてベストなのが、食後2〜3時間後、就寝の3時間前です。食後すぐであったり就寝直前のタイミングだと、筋トレ中のパフォーマンスを低下させてしまいますので注意が必要になるでしょう。




まとめ


・筋トレに適したこれと言った時間帯はない

・朝は1日の達成感が上がりやすいが、怪我のリスクも夜に比べ背負いやすい

・夜は集中力に優れ、成長ホルモンの増加が期待できる。

 朝が苦手でも習慣化しやすいが、仕事や学業の影響でパフォーマンス低下を

 促しやすい。



「ちゃんとした食事の知識を学びたい」

「定期的に運動習慣を付けたい」


など、リベンジジムには様々な目的で

お客様に通っていただいております。


お客様一人ひとりに合わせたトレーニングで

お客様の目的達成のお手伝いをさせていただきます。



その他オススメの記事はこちら↓↓↓

Comentários


bottom of page