• Takeru Oyamada

現役トレーナーが教える!!ダイエット中の誤った習慣No.1とは?

更新日:9月2日

こんにちは。

リベンジジム人形町店長の小山田です。


リベンジジムの「読むダイエット」では科学的根拠に基づいた

トレーニング方法やダイエット方法など、為になる情報を発信していきます。




『自粛太り』や『コロナ太り』などの言葉をよく耳にします。

皆さんは、自粛期間やこの1年で体重の変化はあったでしょうか?


今日はついつい、ダイエット中にやってしまっている間違った常識をご案内します。

その常識とは、毎日体重計に乗る事



【体重計に乗ることのメリット・デメリット】



メリット

・1日ごとの体重を把握しやすい

・数字の変化に気づきやすい


デメリット

・体重の変化に振り回されてストレスが溜まる

・感情の起伏が激しくなる

・数字に縛られて体型に注目しなくなる



体重計に毎日乗ることはデメリットが多いです。


特に、体重の変化に一喜一憂しすぎてストレスが溜まるのが一番のデメリットです。



【なぜストレスがよくないのか】



ダイエットの天敵はストレスと言われるくらい

ストレスは身体の変化に影響します。


身体はストレスを感じると

コルチゾールというホルモンを分泌します。


このコルチゾールはストレスホルモンとも呼ばれます。


適量に分泌される分には問題ないですが、体重計に乗ることでストレスを感じすぎると

コルチゾールが過剰に分泌されます。

分泌されすぎたコルチゾールには筋肉を分解しエネルギーにする作用や、脂肪をエネルギーとして使うのを制限する作用が働く為、

ストレスはダイエットの天敵と呼ばれます。



【体重計の適切な使い方】



リベンジジムでは、「体重計を捨ててください」

とお伝えすることもあります。


これは、数字ではなく体型で変化を感じていただきたいからです。

ですがある程度の数的変化も必要なので多くても

1週間に一回、もしくは2週間に一回

がベストです。


ストレスを感じないようにするために

体重計に乗る頻度を減らしましょう!!



【まとめ】



・体重計に毎日のるデメリットはストレスが溜まるから

・ストレスが溜まるとコルチゾールが増え脂肪がたまりやすくなる

・体重計は1週間に一回もしくは2週間に一回


体重計を捨ててくださいというのは流石に極端すぎますが

あまり数字に捉われすぎると、ダイエット本来の目的を見失い

かえってダイエットに悪影響を及ぼします。


リベンジジムでは、健康的なダイエットをオススメしています!!


科学的根拠に基づいたトレーニング方法やダイエットの知識をもとに

お客様の目標のお手伝いをさせていただきます。

55回の閲覧0件のコメント