• Takeru Oyamada

【現役トレーナーが教える】夏が痩せやすいはウソ!?


こんにちは。

リベンジジム人形町の小山田です。


リベンジジムの「読むダイエット」では科学的根拠に基づいた

トレーニング方法やダイエット方法などの情報を発信しています。



気温が高くなり、夏真っ盛りですがサマーボディは手に入ったでしょうか??

夏になり暑いし、汗かくから痩せるでしょ!!

と思っている方は要注意です。



実は、夏の方が痩せにくいんです。



【夏は代謝が落ちる】


汗を沢山かくので夏は代謝が上がりやすいと

勘違いしがちですが実はそんなことはありません。


夏は冬に比べて代謝が上がりにくいことが分かっています。


人間の身体には体温を一定に保とうとする機能があります。

冬は気温が寒いので内臓を守ろうとして、体温を保つために体内で熱を産生しようとするため基礎代謝が上がります。


一方で夏は、気温が高いため自分で熱を作らなくても

体温は保たれるので基礎代謝は上がりにくいです。


このことが夏が代謝が落ちる原因です。


では、痩せにくい夏に必須な

痩せやすくする食べ物はあるのでしょうか??



【夏に痩せやすくする食べ物】


夏は汗がかきやすい季節です。

身体の塩分が不足しやすくなると、胃酸が減って消化不良を起こしてしまいます。

消化不良を起こすと腸内環境が悪化し、脂肪を蓄えやすくなってしまいます。


なので夏は、素麺や冷麺などのさっぱりしたものも良いですが

それに加えて


・味噌汁

・漬物

・醤油やお酢などを使った食べ物



などの塩分を取れるものを意識して摂取するようにしましょう。

なお、胃酸を出すためには

辛いものも胃酸の分泌を促進してくれるのでオススメです。


食欲が減ると基礎代謝も落ちやすくなってしまうので

カロリーに気をつけながら、食欲を促進させる食べ物や塩分を意識して摂取しましょう。



【まとめ】


・夏は痩せにくい

・汗を書いただけでは痩せない

・胃酸が減少すると脂肪を蓄えやすい

・夏は塩分を意識して摂取する



汗をかくので痩せやすいと思われがちな夏ですが

食欲の減退や、基礎代謝の減少で痩せにくくなってしまいます。


汗をかく環境にいると

カロリーは消費しやすくなりますが、身体の水分が無くなってきてしまうので

脂肪燃焼がしにくくなってしまいます。


汗をかくことも重要ですが脱水症状にならないように

塩分の補給をしっかり行いましょう。


リベンジジムでは、科学的根拠をベースにお客様に食事指導やトレーニングを

ご案内しております。


トレーナー個人のメソッドではなく、すでに効果が立証されているもののみを

ご案内することでお客様の目標に最短距離で辿り着けるようにお手伝いいたします。

58回の閲覧0件のコメント